即席亜友香の家出日記 » 未分類 » 就職難を乗り越えるために

就職難を乗り越えるために

読了までの目安時間:約 4分

ボーナスを貰い、退職をして、やりくりしながら次の仕事を探せばいいのではと簡単に考えている方は、それ以降、就職難に陥りやすくなるのでお気をつけください。いくらボーナスをいただいて会社を辞めても、それから後、次の仕事が決まらないなら本末転倒です。転職時には計画性が重要ですから、入念に考えましょう。転職を検討する際に、身内に相談することは大切なことでしょう。でも、アドバイスを求める場合には、仕事についてよく知っている会社の人に相談した方がいいかもしれません。職場の仲間だからこそ、出来るアドバイスがあるのではないでしょうか。勤務先に信頼できる方が存在しない時は、違う仕事に変わったことのある知人に相談してもいいでしょう。転職の履歴書中に前職の会社名や勤務年数などの略歴を書いているだけでは、履歴書を確認する会社の人事の方にこれまでにやってきた仕事をわかってもらうことはできないのです。どのような部署でどのような仕事を行い、どういった成果が残せたのかや技術を身につけたなどの説明を加えることで、注目されやすくなります。毎日の業務の上で、ストレスをためないようにするのが最も大切なことではないでしょうか。どれほど恵まれた条件の仕事である場合でもストレスを発散できないと継続できません。ストレスを解消できる手段を自分自身で準備することが欠かせません。仕事を探す際に、今も昔も、正社員を目指す傾向は変わりません。正社員の良い点は収入が安定していることです。保険や賞与も利点は大きいです。とはいえ、実際は正社員にならない方が割がよい仕事も数多く、良いのはどちらであるかは計算してみないとわかりません。賞与を貰ってから転職する方がお金に困りません。退職金も考えると、少なくない臨時収入となりますので、退職を希望している人は賞与の月に合わせた退職にすると有利です。そうするためにも、計画的に転職活動をするようにしていくことが大事なので、前もって計画を練っておいた方がいいかもしれません。企業の規模が大きくなればなるほど賞与も高額になる傾向があるのです。転職によって大きく年収をアップできる確率が高いので、大企業への転職に挑戦してみるのもメリットがあるでしょう。とはいえ、大手企業への転職を成功させるのは中小企業への転職以上にハードルが高いですから、あまりこだわりすぎないのがいいかもしれません。少し前までは、35歳転職限界説も、全くの嘘とは言えませんでした。以前は、年功序列だった関係で、35歳以上の方が途中で入社しても扱いづらいので、採用しない企業が多かったのです。しかし、現在は年功序列のシステムが崩れたため、35歳を超えていても能力があれば積極的に採用する企業が少なくなくなりました。働いた経験が就職活動において大変有利だと言われます。私が人事部の担当者だったときに面接で受けた印象は、働いたことがある人の方が受け答えもきっちりして、好印象を抱いたということです。社会経験のあるなしの差はこういう場所においても出るのではないかとひしひしと感じました。「35歳転職限界説」は知らない人がいないくらい有名ですよね。これは35歳以上になると転職できなくなるというものです。未だにこんな噂を聞くことが多いですが、本当に、そうなのでしょうか?結論から先にいうと、35歳転職限界説は、今では当てはまらなくなっています。今では、どの企業も生き残るために一生懸命ですから、年齢で選んでいてよい状況ではないのでしょう。転職活動は転職エージェントと転職サイトを利用しましょう

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報