即席亜友香の家出日記 » 未分類 » ぱっと乳酸菌から思い浮かぶのはカルピ

ぱっと乳酸菌から思い浮かぶのはカルピ

読了までの目安時間:約 3分

ぱっと乳酸菌から思い浮かぶのはカルピスでしょう。

小さかったころから、よく、飲ませてもらってました。それは乳酸菌があるからです。毎朝私に、母親が出してくれました。

ですので、私は便秘になった事がありません。

カルピスを飲んでいたためにとても身体が丈夫になりました。私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、かなりひどい見た目でした。

いろんな治療法を片っ端からやってみても、効果が全くなかったのに、家を住み替えたところ、急に肌がキレイになり、痒みもなくなりました。

思い切って住環境を変えるのも、アトピーに効くかもしれません。

インフルエンザは風邪とは異なるもの言われているようです。その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急に高熱にまで達し、それ症状が3日から7日続きます。種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。

しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、怖くもある感染症です。
インフルエンザにかからないための注射に出かけました。

注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射をしています。

予防接種終了後は怖かったーと口にしていました。見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と感じましたが、あまり話せませんでした。

知っての通り、乳酸菌を過剰摂取しすぎたとしても別に副作用といったものはありません。

ところが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、可能性がございます。

消化し吸収できる量には限界があるので、ある程度の範囲内に限っておくと確実でしょう。https://xn--pckik5b3gxaz6g6gt217ar93b.com

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報